下着モデル

at-rider

女性用下着のモデルって、なぜ白人さんが多いのですか?                        
このエントリーをはてなブックマークに追加
リロード 最初から   お気に入りに追加  482 view
ググレカス情弱野郎 Non Login User
これは、元々のスタイルの良さでは、どうしても白人女性にはかなわない[2]、下着とはいえ、カタログで非日常を演出するのには外国人の方がよい、日常生活で見慣れている日本人モデルでは生々しく見えてしまうこと、体毛の色が濃いため何かと不便があること、モデルの肌の色が白ければ白いほど商品の色彩が鮮やかに見栄えすること、下着の仕事が敬遠されがちでなり手が少ないこと、などが挙げられる[3]。特に、一流ファッションモデルやテレビタレントを志すモデルにとっては下着モデルをしてもステップアップにつながらないため、極めて忌避される傾向にある。

また、一般に「スタイルがよい」とされる体型であっても、下着カタログ上では下品に見えてしまったり、下着の形が悪く見えてしまったりすることも少なくない。このため下着カタログモデルに要求される体型は非常に条件が厳しく、通常のファッションモデルや水着モデルでは向かないことが多い。一般的にはバストがBカップ程度で適度にくびれがあり、ヒップが小さめで腕や脚がほっそりと長く、清潔感がありあっさりとした容貌を持つ女性が最も見栄えが良いとされる[4]。

カタログの下着モデルはブランドのイメージの重視と、より商品を美しく掲載するためにはバランスの整ったプロポーションが大切である。そのため、日本の代表的な下着メーカーであるワコールの広告においては外国人(白人)モデルの起用が多い[5]。

なお、白人モデルはいわゆる在日外国人を日本国内で撮影する場合と、海外のモデルエージェンシーを通じて現地で撮影を行う場合がある。白人モデルの年齢は商品のターゲット年齢より若いことが多く、例えば20~30代をターゲットにしたメインストリームのラインでは10代後半のモデルが多いとされる
No. 1      2016-09-17 13:58:39   返信
 Twitterへシェア


閉じる 
TOPへ

なんでも質問掲示板カテゴリーTOPに戻る